転職をするタイミングは?

転職するタイミングについて考える

転職活動は人それぞれ違った状況の中ですることになりますが、よく話題になるのが仕事をしながら在職中に転職活動をするのか、辞めて時間を確保してから活動するのかということです。
これは両方ともメリットとデメリットがあり、人によってどちらが良いかは異なります。
あなたにはどちらが良いかを考えてから決めることが大切です。

今回は2つのメリットとデメリットをご紹介します。
両方をきちんと把握した上で検討してほしいと思います。

仕事を続けながら転職活動をするメリットとデメリット

仕事を続けながら転職活動をするメリットは、キャリアにブランクができないということです。
転職活動のための仕事を辞めてしまうと、職歴に空白の期間ができることになります。
目的を持って辞めるなら良いですが、あまり考えずに辞めてしまうと、そのブランクが企業を不安にさせてしまうこともあります。
特にブランクが長いと、どうしてこの期間は仕事をしていなかったのだろうと、企業も採用を控える可能性もあります。
その点辞めずに転職活動ができるとこうした心配がないので、スムーズに活動ができます。

また、費用面でも心配がないこともメリットです。
転職活動も移動費などで費用がかかります。
仕事を続けているとある程度お金に余裕を持ちながら活動することができるので安心です。
辞めてしまうと入ってくるお金がないことが多いため、焦って転職をしてしまいがちです。

デメリットとしては、忙しくなりやすいということです。
今の仕事に加えて転職活動をする必要が出てくるため、転職活動期間中は大変なこともあるかもしれません。
ですが、多くの方が仕事をしながら転職を実現しているので、全くできないものではありません。

仕事を辞めてからの転職活動のメリットとデメリット

仕事を辞めてから転職活動をすることのメリットは、時間に余裕ができるということです。
あなたの今後についてより考えることができるので、きちんと転職活動に取り組めば良い活動ができることも多いです。

また、大きなストレスを仕事で感じていた方は、気持ちにも余裕ができます。
精神的な負担がなくなるので、落ち着いて今後を考えることができるようになります。

デメリットとしては、仕事を辞めない場合の逆になりますが、収入が入ってこないことと、ブランクができてしまうことです。
ブランクについては面接で聞かれることもあるので、必ず対策を練っておくことをおすすめします。

以上、仕事を続けながらと辞める場合の転職活動のメリットとデメリットをご紹介してきました。
どちらも良い面はあるので、あなたの今の状況からどちらが合っているかを検討してみてほしいと思います。