スカウトオファーが来る人・来ない人

スカウトオファーが来ることも

転職サイトに登録していると、スカウトのオファーがあることがあります。
通常転職サイトでは転職したい方が自分から企業の選考試験に応募して転職活動を行います。

ですが、転職サイトにはスカウト機能という機能がついているサイトもあります。
自分の経歴やアピールポイントを掲載しておくと、興味を持った企業からオファーがあるというものです。
もちろん必ずオファーを飲む必要はなく、あなたもその企業に興味を持てれば、そのオファーを受けてみるのもおすすめです。

企業からのオファーが来る方とそうでない方には違いがあります。
ここではその違いについてご紹介します。

スカウトオファーが来る人と来ない人の違いとは

スカウトオファーが来るかどうかで最も大切なことは、スカウト機能を活用しているかということです。
当たり前のことだと思うかもしれませんが、転職サイトに登録する方の中には、転職活動は自分で企業に応募して行なうことが当たり前としている方もいます。
こうした方はスカウト機能を活用していないことがあるため、必ずプロフィールやアピールポイントを入力しておきましょう。
まずはスタートラインに立つことがとても大切です。

また、履歴書や職務経歴書のように、プロフィールやアピールなどはしっかりと入力することがとても大切です。
丁寧に書いてあることでより興味を持ってもらいやすくなるため、少し大変かもしれませんが入力しておきましょう。
できれば文章のボリュームも意識して書いておきたい所です。
多ければ良いという訳ではありませんが、やはりたくさん書いてあると熱意を感じることができるためです。

スカウトが来る人はこれに加えて、大きな実績を持っているということが挙げられます。
今までの仕事で何か大きな成果を出していると、今いる企業だけでなく、他の企業も興味を持ってくれます。
営業成績でトップになったという実績がある方は、他の企業から見ても魅力的です。
営業は商品が変わってもスキルとして通用することが多いため、他の企業の売上アップに貢献できる人材と考えてもらえることも多いのです。

あなたのこれまでのキャリアを振り返り、どんな大きな実績があるかを確認してみましょう。
他の企業にもアピールできるような大きな実績があれば、それは必ずアピールとして書いておくようにしましょう。

スキルを持っていることも大切なポイント

また、スキルを持っていることも大切です。
どのようなスキルを身につけているかを書いておくことで、より企業もオファーを出してくれやすくなります。
さまざまなスキルを持っている方はそれだけで仕事の幅が広がるため、企業も活躍してくれそうと考えてくれます。

以上がスカウトオファーが来る人と来ない人の違いです。
参考にしてくださいね。