転職でありがちな失敗

転職後に年収が激減

転職でありがちな失敗というと、転職すると年収が激減してしまったという失敗談が数多く存在します。

なぜ、このような失敗をしてしまうのか?というと、以下のようなケースで年収が激減してしまう人がいるからです。
ケースその1は、「ブラック企業への転職」により年収が激減してしまうというケースです。
ブラック企業に近い企業も存在すれば、段々とブラック企業に変わっていく企業も存在しますので、勤務してみるまでは安全か危険かは把握できません。
なので、「ネットなどで企業の評判」をチェックしてから、転職を検討したほうが良いです。
ブラック企業の場合、広告などでは「50万円以上も可」と案内されていますが、実際は基本給が20万円で、残りは会社の業績次第で変化するケース、もしくは出来高制を採用していることが多いです。
このように、給与面を正確に理解せず転職すると、転職でありがちな失敗にはまってしまうこともあります。

ケースその2は、「会社そのものが潰れかかっている」というケースです。
ブラック企業は忙しいが給料が不安定、潰れかかっている会社は、将来性があるのかどうかが不安定という悩みを抱えています。
そのため、あまり評判が良くない会社の「給与見込み」は信用しないほうが良いでしょう。
特に社員数が少ないのに、募集する社員数が妙に多い・・・という会社に転職するのは良くありません。
いきなり給料が減ってしまったため、早期退職される方が増えている可能性もありますし、なによりその事実を判断することが難しいため、転職を予定している場合は保留としたほうが賢明でしょう。

転職後に繁忙期に突入

転職でありがちな失敗の中には、繁忙期のタイミングで転職してしまうという失敗談も存在します。

繁忙期に突入している場合、「新人教育をまともに行っていない」ということもあります。
そのため、繁忙期の間は仕事を上手にさばけず、かえって仕事を辞めさせられる可能性が出てきます。
このような転職は、前もって「仕事の内容を聞いていない」ために発生する問題でもあります。
給料が高く、且つ残業時間が不安定・・・と明記されている求人を見つけた際は、面倒臭がらずに、「勤務時間、勤務内容」を企業に対して尋ねたほうが良いでしょう。

企業によっては、繁忙期に突入しているので即戦力になる人を募集しているのですが、中々、そのような人材が応募してこない・・・というケースでは、「とりあえず能力がありそうな人を採用」としているケースもあります。
近年では、大型ショッピングセンターなどでも同様の問題が起きているので、企業が大手であれば、このような問題が起きることもない・・・というのは早計です。