求人広告を見る時のポイント

必ず確認したほうが良いポイント

求人広告を見る時のポイントですが、「年齢、スキル、収入、雇用形態」の4点は必ず確認しておきましょう。

というのも、年齢に対してシビアであるかどうかを理解していないと、応募した後に面接で落ちてしまうからです。
実際に求人広告を確認してみるとわかりますが、「40歳まで可」、「40歳未満は応募可」というケースが存在します。
どちらも、40歳までの応募であれば面接を受けられそう・・・と思ってしまいますが、40歳未満のケースでは、「事前に相談を行っていないと応募が難しくなる」ケースもあります。

なぜ、このような2種類のケースが存在するのか?というと、それは、求人先によって若い人のみ募集したいというケースが存在するからです。
40歳まで可というのは、それほど年齢にこだわっているのではなく、可能であれば若い人を採用したいと考えているだけです。
ですが、40歳未満は応募可の場合、可能な限り若い人のみ採用したいというケースがあり、40歳の人が応募をされても、すでに40歳の人に対して募集枠を用意していないことがあります。

次に、スキル、収入、雇用形態も確認したほうが良いです。
求人広告を見る時のポイントとして有名なのですが、スキルは資格、もしくは実績を有しているか?を尋ねていると思ったほうが良いです。
そのため、資格、実績を有していない人では応募することができません。
資格の中には、「工業高校、もしくは専門学校の卒業者」と書かれていることもあります。

スキル欄には資格だけでなく、どのような経歴の持ち主であれば応募できるのかも書かれているので、細かくチェックしてから、収入、雇用形態もチェックしましょう。
収入は自分が希望する収入となっているか、そして、雇用形態は契約社員なのか、それとも正社員なのか確認しておくと良いです。

余裕がある場合は見ておきたいポイント

求人広告を見る時ですが、余裕があるのであれば「年間休日日数」というものも確認しておきましょう。

年間休日日数とは、前年度の年間休日日数を元にして計算されている、本年度の年間休日日数の予定です。
また、どのように確認するのかというと、「100日、110日」のどちらかを超えているのか確認すると良いです。
100日を超えている会社は年間休日日数が平均より少ないと判断し、110日を超えている会社であれば、年間休日日数が平均より多いと判断して問題ありません。

年間休日日数を確認しておくと、余裕をもって勤務できそうな会社であるかどうかを判断できます。
そのため、今では求人広告を見る時のポイントになることが多いとされていますし、なにより確認することも難しくありません。