転職先に選ばない方が良い会社の特徴

面接官の雰囲気を感じ取る

転職活動の際に、最初に接点を持つことが多い面接官。
その人の雰囲気が悪いと感じる会社は転職先に選ばない方が良いかも知れません。

以下のような理由が存在するため、あまりオススメできない会社であると判断できるからです。
まず、雰囲気が悪いということは、「社内環境が良くない」という可能性が考えられます。
近年では、問題視されることの多くなったブラック企業に等しい、もしくはブラック企業のような一面が存在する可能性があるため、就職が決まった後にトラブルが発生することもあるからです。
そのため、面接時に面接官が応募者に対して良く質問するが、あまり会社の実情について話さないという場合は、あまり雰囲気が良くないと思ったほうが良いです。
上り調子の会社であれば、面接官も意気揚々と会社の話、そして採用したい人材の話をしますので、どうしても面接の時間が長くなりやすいのです。
このような特徴をまったく感じ取れないケースでは、転職先に選ばない方が無難かも知れません。

その他の理由として、「誠実さに問題のある可能性」を考慮できるため、雰囲気の悪い会社は、転職先に選ばない方が良いと言えます。
面接の雰囲気が悪いということは、もしかすると、採用した人がすぐに辞めている会社なのかも知れません。
会社の報酬についても、「一部出来高制を採用している」可能性がありますので、実際の収入が求人情報より少なくなってしまうこともあります。
このような会社では、面接官がしっかりと面接の練習を行っておらず、社員が減ってしまったので、とりあえず採用を行っているというケースも考えられます。
面接時間が短く、面接時に色々と聞かれなかったが、それでも採用が決定した・・・というケースでは、転職先に選ばない方が良い会社かも知れません。

事前にブラック企業か確認

すでにブラック企業として知られている企業では、面接の応募そのものを行わないほうが良いです。

というのも、ブラック企業では面接官が「誠実な対応」をしてくれないからです。
圧迫面接と言われるような面接も多く、且つ、気分の悪くなる話を聞かせられることもあります。
「他の会社には応募していない?」、もしくは「すぐに働けますか?」といった内容が多いのですが、このような質問に応じてしまうと、勤務先がすぐに決まってしまい、且つ仕事内容がハードというケースが多いのです。
なので、このような質問を何度も投げかけてくるという時点で、ブラック企業の可能性が高いと理解しましょう。

また、逆に「給料には自信があります」、「100万円以上稼いでいる人がいます」というふうに、仕事内容を一切しゃべらず、なぜか聞いてもいない収入の話が多い・・・というケースも、ブラック企業に多い面接内容です。
これらの対応に多く該当する会社は、転職先に選ばない方が良い会社だと判断したほうが安全です。