転職に有利な時期

転職に有利な時期がある

転職をこれから始めようと考えている方もいると思いますが、転職には実は適した時期というのもあります。
こうした時期に転職活動ができると、よりスムーズに希望の仕事に転職できる可能性が高まるので、時期を合わせられる方はタイミングを見計らうのもおすすめです。

ここでは転職活動に有利になりやすい時期を紹介していきます。
良い転職ができるように、時期にも注目してみることをおすすめします。

転職活動におすすめの時期は春と秋

転職活動に適している時期は3月から4月にかけての春の時期と、9月から10月にかけての秋の時期です。
この時期は企業内で人の異動が多くある時期です。
部署が変わったり転勤などで今まで担当していた方がいなくなり、人手不足に陥る企業が出てきます。
そのため、転職希望者を募り、人材を補充する企業も多くなります。

そのため、時期をある程度見計らえる方は、この時期のどちらかに活動をすると良いでしょう。
ただし、春と秋に転職市場が活発化するということはある程度ご存知の方も多いため、転職活動をする方も増える傾向にあります。
つまり、企業の求人も増えますがライバルも増えるということです。

市場が落ち着いていてライバルが少ない時期に活動するか、春や秋の時期を狙うかは人それぞれ向き不向きが異なります。
あなたがどちらを狙って活動した方が良いかは、一度考えてみることをおすすめします。

最終的に大切なのは、時期よりも自分のスキルや経験

また、最終的に大切になるのは時期ではないことも理解しておきましょう。
確かにタイミングを見計らうことである程度転職活動を有利にすることはできるかもしれません。
ですが、最終的に企業がチェックするのはあなたのスキルや経験といった中身の部分です。
人手が足りていないからと言っても、そこまで採用の条件を下げて採用する企業は多くはないので気をつけておきましょう。

むしろ本当にスキルや経験、熱意を持っている方は、いつの時期でも良い転職活動ができる方が多いです。
時期はあくまでもプラスの要素として考えておくと良いでしょう。
それよりも、あなた自身のスキルを振り返り、どんなスキルが自分にあるのか、これまで経験してきたことでアピールできるものは何なのかといったことを整理する方が、より良い転職活動につながりやすいと言えます。

自分の転職活動が上手くいかないのは、時期が良くないせいだ、という方もいます。
ですが残念ながらこれは違います。
自分自身のスキルや経験、アピールが良くなかったせいであることがほとんどです。
いつまでも活動が上手くいかなくなる可能性もあるので気をつけましょう。
ベースをきちんと固めて、それに加えて時期も検討することをおすすめします。