経験ありと未経験、それぞれの転職について

未経験の転職

未経験として自分に合った転職先を探している場合は、「転職説明会」をできるだけ利用すると良いでしょう。

転職説明会とは、大きな施設を利用して行われる、企業が合同で行っている転職の説明会です。
転職に関する説明会のみではなく、しっかりと転職の希望などを聞いてくれる仕組みになっています。
なので、人によっては自分に合った企業はどこか?、企業として信用できそうか?などをまとめて理解しながら、自分に合った求人先を探すことができるのです。
それと、転職説明会に参加している企業は中小企業だけでなく、地元の有名な企業も参加していることが多いので、転職説明会を利用するだけで、地元の有名な企業に勤めている人事部の方と知り合うこともできます。

逆に、未経験の転職でやってはいけないとされていることが、とりあえず大まかに転職先を決めてしまうというものです。
確かに、すぐに転職したいという場合は、それほど問題ではない行動でしょう。
ですが、転職説明会に参加していると、転職後の勤務内容を直に聞けるチャンスがありますし、なによりも顔見知りになれるので、段々と会社そのものに興味を持つこともできます。
とりあえずという気分で転職先を決めてしまうと、勤務先が決まった後になって、「本当にこの勤務先で良かった?」と考えることもあります。
転職説明会では、具体的にどのような仕事に取り組むのか、どのような部署に配属されるのか・・・を教えてもらえますので、やはり、勢いだけで転職先を決めてしまうのは良くないでしょう。

経験者の転職

経験者の転職についてですが、「キャリアを活かせる」転職先を探したほうが良いです。

また、経験者の転職は、20代であればサクサクと転職先が見つかりやすいです。
ですが、すでに30代という場合は「即戦力でなければ転職先が見つからない」・・・、と思っておいたほうが良いでしょう。
最近では、高齢者の方が高齢という理由で退職されるケースも増えていますので、若手(未経験の方)より、30代、40代といった経験者を採用しているケースが増えています。
なので、今まで経験したことがない他業種への転職は難しい・・・、と思っておいたほうが無難なのです。

それと、「意欲も試される」ということを忘れないでください。
例えば、「仕事に自信はありますか?」と聞かれた際は、ただ「はい」というのではなく、具体的にどのような自信を有しているのか説明できたほうが採用されやすくなります。
即戦力としてスキル、実績を有しているのは当然・・・と採用側も考えておりますので、自分が会社に勤務するようになると、「具体的にどのような活躍(成果)をあげられるのか」を、明確に伝えることも大事です。