筆記試験の対策方法

筆記試験がある場合もある

転職活動では主に面接で判断されることが多いですが、中には筆記試験を設けている場合もあります。
筆記試験と面接の総合で合否が決まるようになっており、面接だけで頑張ろうと思っている方は、筆記試験にも目を向ける必要があります。

ここでは転職活動での筆記試験がどのような問題が出やすい傾向にあるのかをご紹介します。
参考にしてみてほしいと思います。

筆記試験で出題されやすい問題

筆記試験で出題されやすい問題は、その業界でよく使う知識が問われる問題です。
金融関係の仕事なら金融の知識が必要になるため、そうした知識を持っているかを確認するための問題が出題されます。

また、技術系の仕事では関連する技術などに関する知識が必要となるため、そのための知識が問われる問題が出題される傾向にあります。
また、物理や数学、化学などの基本的な学問の基礎学力が問われる場合もあります。

IT系の企業ではITスキルに関する筆記試験がある場合もあります。
IT業界はスキルや知識がとても重要になる業界です。
プログラミングの知識などを問われることが多いので、身につけておく必要があります。

こうした知識が問われることが多いため、応募する企業で課される場合には必ず対策をしておくことをおすすめします。
企業の筆記試験はあくまでも面接をベースとして、それを補うためのものとして設定されています。
筆記で点数が取れても実際に仕事で成果を出せなければ意味がありません。
そのため、人物重視で判断しつつも、基本的な知識を身につけているかを筆記試験で確認しているのです。

筆記試験は多くの企業ではいたずらに難問を課すのではなく、あくまでも必要な知識を身につけているかを確認する内容のものが多くなっています。
ただし、大手の企業などによっては、より難しい筆記試験や思考力を使う試験が課される場合もあるため気を付けましょう。

インターネットの口コミなども参考に

どのような筆記試験が課されるかということは企業によって様々です。
そのため、事前の情報収集がとても大切です。
転職サイトのアドバイザーの方などは筆記試験の知識を持っていることもありますし、インターネットの口コミなどでチェックできる場合もあります。
どのような問題が出題されるのかが分かれば対策がしやすくなり、全く歯が立たなかったということを防ぐことができます。

筆記試験はあくまでもサブとは言え、採用に影響するものであることに間違いはありません。
特に第一志望の企業などの場合にはしっかりと対策しておきましょう。
過去の問題がなどが分かればそれで対策を行ない、もしなければ業界知識をチェックしておくと良いでしょう。