転職で人事に伝わる!面接で使える台詞

採用によるメリットをハッキリと伝える

面接で評価される台詞の中でも、高い評価となりやすいものは「採用によるメリット」をハッキリと伝えることです。

というのも、ただ「会社の理念などを共有できる」というPRだけでは、ありきたりなPRとなってしまうからです。
会社の理念を共有できるというのは、面接に応募されている方であれば、ほとんどの方が該当するでしょう。
会社の理念が「お客様を大事にする」というものであった場合、その理念が理解不能という方では、そもそも採用されません。
なので、「精神論を強調する」形で面接を進めないようにしたほうが、良い評価をいただけることが多くなるのです。

例えば、「私はすでに○○という資格を有しています」というPRでも問題ありません。
可能であれば、「○○という資格を用いて、いち早く難しい仕事に就くこともできます」、というPRができると良いでしょう。
なぜこのようなPRが必要なのか?というと、「積極性は面接で評価されることが多い」からです。
近年では、男性でも面接でモジモジしてしまい、自分の意見を大声でしゃべれないというケースが増えています。
そのため、ハッキリと自分の意見、メリットを伝えるようにすると、それが、面接で評価されるというケースが増えているのです。

他にも、「私は○○という部署で働きたいと考えています」というPRも効果的でしょう。
すでに、どのような仕事に就きたいのか、現場ではどのような対応力が問われるのかについて、会社の公式サイトなどを通じて理解していると、このような対応も取れるようになります。
理念などは会社の公式サイトのトップページに載っていることもあり、多くの人が、いつの間にか理解しているものであったりしますので、「知っていて当然」という評価が多いと思っておきましょう。
面接官としても、ただ積極性が高いだけでなく、具体案をもって面接に望まれる人を無碍に扱う・・・ということはありません。
なので、自分を採用した場合にどのようなメリットが発生するのかは、ハッキリと伝えるようにしましょう。

スキルをPRする

面接で評価される台詞の中には、スキルについて正しい解釈を得ていることをPRする台詞も存在します。

例えば、「○○検定1級の資格を有している人」として面接に応じる際は、今までに、「○○という資格で実績を得ているのか」についてもPRしたほうが良いでしょう。
このようなPRがあるだけで、有資格者で、且つ実績も申し分ない人だと判断してもらえます。
スキルというのは、資格を有しているのかどうかのみチェックされるわけではありません。
なので、スキルを得た後にさらに磨く努力をしたのか・・・についても、面接時にPRしたほうが良いのです。