エンジニア向けの転職アドバイス

専門性が高いかチェックする

エンジニアとして転職する際に、少しでも失敗しないために知っておきたい転職の知識を案内しています。

まず、「専門性が高い企業」として、エンジニアの募集を行っているかチェックしましょう。
というのも、専門的なスキルを有している人を募集していない場合、後になって勤務先が変わってしまうこともあるからです。
商品の開発を考えて求人に応募した・・・はずなのに、実際は「商品の管理部門」に配属されるというケースも存在します。
専門的なスキルを有している人のみ募集している場合、「要望に沿った勤務先が案内される」ので、エンジニアとしての転職で成功することが多いです。

次に、「専門性に見合った給与」なのかもチェックしておきましょう。
企業によっては、専門的なスキルを高く評価している企業、高く評価していない企業が存在します。
なので、専門性に見合った給与が必ず発生する・・・、という保証は存在しません。
また、給与の話は面接時に聞いておいたほうが良いです。
というのも、「年間で500万円の給与」となっていても、「残業込みで500万円」のケースも存在するからです。

しっかりと求人情報を確認していない人の中には、「給与の内訳、年間休日日数」などを良く確認していない人もいます。
それと、「休日出勤」がどのような内容になっているのかも確認したほうが良いです。
企業によっては休日出勤の日数が多いだけでなく、拘束時間が長いというケースもあるからです。
それと、休日出勤中の給与の内訳もしっかりと聞いておきましょう。
休憩時間、食事時間、残業時間に対しても給与が発生するのか、それとも、休日出勤中は定まった給与が存在するのか・・・を聞いておきます。
このような面倒な対応、質問を忘れずに行っているだけでも、エンジニアの転職で成功できる可能性が高まるのです。

迷っている場合は派遣社員として転職する

もし、エンジニアの転職そのものを迷っているという場合は、派遣社員としてエンジニアになるのも1つの手段です。

それほど派遣社員として勤務する場合は、勤務時間、勤務内容、給与に大きなズレが発生しません。
というのも、事前交渉という形で派遣会社側が打ち合わせを行ってくれるからです。
しかも、面接の前に要望を伝えてくれるようになっているので、遠方の勤務は難しい・・・といった要望も叶うようになっています。
契約期間は毎年の更新が存在しますので、他の会社で勤務したい・・・という場合は、現在の契約を途中で終了させてから、新しい勤務先を探してもらえるようになっています。

ただし、正社員以上の給与、年間休日日数をもらえるケースは少ないので、このことも理解されてから、派遣会社で登録を行うかの検討を進めてください。