異業種への転職アドバイス

大きなリスクを背負わないで異業種に転職

異業種への転職についてですが、今では社内転職という形で異業種への転職に成功している人が多くいます。

そもそも、異業種への転職を現在勤務している会社以外で行う場合は、中々、こちらの要望に沿う転職先が見つからないと思っておいたほうが良いです。
例えば、「コミュニケーションが不要の異業種に転職したい」という場合も、少なからずコミュニケーションが発生することもあります。
今まで付き合いのなかった人と、転職後に付き合いが発生することもありますので、社内転職を上手に活用して、それほど付き合いが変わらない中で転職してみるのも良いでしょう。

社内転職は、それだけでなくリスクそのものがとても小さいです。
リスクというと、勤務内容、待遇などが関係してくるのですが、異業種への転職であっても、社内転職であれば大きな変化は発生しません。
というのも、今までの勤務内容、待遇を考慮に入れてもらえるからです。

ただ、とりあえず異業種への転職を希望している・・・という場合、社内転職できないケースがあることも知っておきましょう。
本気で異業種への転職を考えているという人は、具体的にどのような目的で社内転職したいのかをまとめておくと良いです。
それと、上司に対して異動は可能なのか聞いておくと良いです。
社内転職の場合、流れ的には異動という形で勤続先、部署が変わるという流れになりますので、異動が難しい、求められているスキルを有していない・・・という意見を上司からいただいた際は、そのことを理解して時期尚早かも知れないと思ったほうが良いでしょう。

異業種への転職で発生するリスクを理解

異業種への転職で発生するリスクを理解していると、自分にとって不利ではない転職となりやすいです。

例えば、転職前に異業種の中身である仕事内容を理解しておくことも大事です。
どのような勤務先で勤務するのか、勤務時間、残業時間はどの程度存在するのか必ずチェックしておきましょう。
異業種の場合、勤務先が転々と変わるケースも存在します。
タクシードライバーなどが該当しますが、タクシードライバーは、いつも同じ場所で勤務する(タクシー内でお客様を待つ)わけではありません。
そのため、事前にどのような仕事内容になりそうなのか聞いておくことも大事ですし、本当に勤務時間が短いのか・・・も聞いておいたほうが良いでしょう。

タクシードライバーといった業種は、異業種ということを理解して転職される方も多いのですが、残業時間が勤務先によって大きく違います。
10時間以内というケースもあれば、50時間超というケースも存在するからです。
なので、このようなリスクを事前に確認しておくことも大事です。