転職で有利になる資格とは

資格一つで転職が変わる

転職で有利になる資格ですが、どのような資格であっても均等な評価を得られるというわけではありません。

例えば、同じ資格を所持しているもの同士でも、「今までに資格を通して勤務したことがあるのか」で評価が分かれます。
なので、すでにわずかながらの経験を有している場合は、そのような面でも自信があることをPRしておきましょう。

それと、「普通自動車運転免許」のような免許も、資格に該当すると思っておいたほうが良いです。
普通自動車運転免許は自動車を運転する際に必要となる資格です。
ですが、普通自動車運転免許を所持しているだけで、軽トラックといった自動車の運転も可能となりますし、「無違反、無事故」というだけでも評価されることが多いです。
近年では、「子ども、老人の送迎に関する仕事」で、会社が用意している送迎用の自動車を運転できるか?と聞かれることもあります。
送迎用と言ってもファミリーカーと同じサイズなので、今まで、このような自動車も運転したことがあるという人は、資格、実績ともに申し分なしという評価を得られるでしょう。

他にも、「専門的なスキル」を有している場合も評価されます。
こちらは普通自動車運転免許とは違い、有していないと特定の商品(医薬品など)を管理できないため、必須のスキルとして求人情報にも掲載されています。
また、最近になって専門的なスキルを身につけたという人の場合、評価されるケース、評価されないケースがあるので注意してください。
評価されるケースは、「研修が存在する会社に就職」するケースです。
評価されないケースは、「研修が存在しない会社に就職」するケースが該当します。
企業によっては、即戦力のみ募集というケースもあるので、転職で有利になる資格を所持している場合であっても、油断できないケースがあることを知っておきましょう。

実績も資格と判断される

資格というのは、実績のみであっても資格と判断されることがあります。

例えば、「売り子(販売員)」としての実績を有している場合、ショッピングセンターで高い評価を得られるケースもあるのです。
転職で有利になる実績であり資格なのですが、売り子として1年以上、もしくは3年以上の実績を有している人の場合、「チーフ候補」として採用されるケースもあります。
近年では、少子高齢化社会と言われている影響で、チーフ以上の役職に就いている人が、年齢の都合で退職していくことが多いです。
そのため、会社としても「チーフ候補に該当する人物」を優先して採用したい・・・、と思っているのです。

なので、今までの経歴の中に、1つの仕事を長く勤めていたという経歴、実績がある際は、そのこともPRしたほうが良い評価をいただけるでしょう。