退職の意思を正しく伝える方法

退職の意志を正しく伝えるには

転職をする際に避けては通れないもの、それが退職を伝えることです。
今まで長くお世話になってきたという方は、少し切り出しにくいということもあるのではないでしょうか。
ですが、転職は時間が限られていることも多いです。
退職の意志が固まっていれば、早めに伝えることがあなたにも企業にも良いことです。

退職の伝え方は正しい伝え方もあります。
正しい伝え方のポイントについてご紹介します。

正しい退職の意志の伝え方をご紹介

正しい退職の伝え方として、まずは誰に話を最初に持っていくかを確認するようにしましょう。
直接の上司が良いのか、それともより上の上司が良いのかを考えておくことが大切です。
課長と部長にあたる方がいた場合、課長に話を持っていかずに直接部長に話をすると、課長の機嫌を損ねてしまう場合があります。
また、逆に課長に話を持っていくと、それは部長にまず伝えるべきことだと言われてしまう場合もあります。

これは企業によって異なるため、あなたの企業ではどうするべきかは異なってきます。
状況を考えて、誰に話を最初にするべきかを決めるようにしましょう。

話の切り出し方も大切です。
ストレートに、退職をしたいと考えていますと伝えたり、退職願を出すのもひとつの方法ですが、相談があるので時間を取っていただけないでしょうかとワンクッション挟むのも有効です。
相談があると伝えた時点で、部長などの方も、もしかすると退職かもしれないという風に感じてくれやすくなります。
心の準備がしやすくなるため、様子を見てどう切り出すかを考えましょう。

突然退職したいと伝えると、伝えられた側も驚いてしまいます。
急すぎるので少し時間が欲しいと言われてしまうこともあるため、相手の方にも配慮した切り出し方がとても大切です。

退職理由も考えておきましょう。
今の会社に不満もあったかもしれませんが、それをストレートに伝えるのはマナー違反です。
より自分の進みたい方向を検討した結果、転職することに決めましたというような、今の企業への不満を感じさせないような理由を伝えることが大切です。

ここで不満を伝えてしまうと、また話が難しいことになる場合もあります。
気をつけておきましょう。

また、今の企業の方から引き止めがある場合もあります。
この場合、迷う素振りを見せていると、企業の方はさらに強く引き止めてきます。
そのため、意志は固まっていることを伝えるようにしましょう。
不要な引き止めにあうと、時間がかかってしまいます。

円満退職を心掛けよう

このように退職を伝えるにもポイントがあります。
しっかりとポイントを押さえて、円満退職をすることをおすすめします。
円満退職をした方が、あなたも企業の方も気持ちよく、次の仕事にもスムーズに切り替えていけるはずです。