退職時のスムーズな引き継ぎ方法

退職の際には引き継ぎをしておこう

退職の際には今担当している仕事の中で次の方に引き継ぎが必要なものもあると思います。
引き継ぎをしっかりと行なっておくことまでが、転職活動と言えます。
引き継ぎは何となく行なってしまう方もいますが、押さえておくべきポイントもあります。
しっかりとチェックして、最後まで今の会社での仕事を悔いなく行なってほしいと思います。

スムーズに引き継ぎをする方法

引き継ぎをスムーズにするために、まずはいきなり後任の方に引き継ぎについて話すのではなく、引き継ぎのスケジュールを決めることをおすすめします。
どのくらいのスケジュールで引き継ぎを行なうかをあらかじめ決めてから後任の方に伝えるようにすることで、行き当たりばったりではなくなり、よりスムーズで確実な引き継ぎができるようになります。

また、スケジュールと合わせてどのようなことを伝えるべきかも洗い出しておくと良いでしょう。
やみくもに進めてしまうと伝え忘れがあることもあるので、事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。
これが引き継ぎの前準備とも言える段階ですが、とても大切な部分です。
ここがしっかりしていれば後の引き継ぎはあまり負担なく終えられることも多いので、行なうことをおすすめします。

スケジュールが立てれたら後任の方に引き継ぎを行なっていきます。
引き継ぎの方法はなるべく文書化し、その詳しいことを後任の方に伝えると良いでしょう。
文書で残しておかないと後任の方も忘れてしまう可能性があるため、特に重要なことについては必ず文書を作成することをおすすめします。

文書を作るにも少し時間がかかってしまうかもしれませんが、あくまでも後任の方にしっかり伝われば良いので、箇条書きなどでも構いません。
分かりやすく説明されていることが第一なので、あまり体裁にこだわらずに作成すると良いでしょう。
そうすれば、意外と時間をかけずに行なえることも多いです。

文書は案件ごとに作成し、パソコンなどでフォルダ分けして入れておきましょう。
後任の方に配慮して作成しておくこともとても大切です。
ただ単に作成するだけでなく、後任の方が参照して業務をチェックできるようにしておくことが大切です。

退職後もしばらくは連絡が取れるようにしておく

また、より良い引き継ぎのために、退職後もしばらくは連絡が来ることを想定しておくと良いでしょう。
文書になるべく書いても、実際業務を進める中では分からないことも出てくるはずです。
そうした時にあなたに質問が来る場合もあるので、退職後もできれば連絡に応じることをおすすめします。

以上が引き継ぎのポイントです。
ぜひしっかりと引き継ぎをしてくださいね。