【全国版】マイナビ転職のおすすめポイント

マイナビ転職の特色、おすすめポイント

転職情報を取り扱うサイトの中でも、トップシェアの利用者を獲得しているのが「マイナビ転職」です。

正社員の就職情報を取り扱うサイトとしては「リクナビ」と「マイナビ」が双璧となっていますが、そのいずれもそれぞれの利点があることから、実質的にどちらもトップという形で運営されています。
そんな「マイナビ転職」最大の特長となっているのは「マイナビ転職」「マイナビエージェント」「マイナビ転職エージェントサーチ」の3つを組み合わせて使用していくということです。

転職を取扱っているWebサービスはたくさんありますが、マイナビ転職は2017年時点で8010件が登録されており、これは前年度にあたる2016年の5782年を大きく上回り約40%増となりました。
特に「マイナビ転職」で強いとされているのがメーカー系企業で、他にもサービス系やIT系など、複数の業種からの登録が見られています。

実は他の求人サイトを見てみると最も数が多いのはサービス関連業なので、転職サイトとしてメーカー系に強いというのはかなり珍しい存在です。
転職が前提の就職活動なので当然給与額も高めに設定されていることが多く、転職先の給与提示としては300~499万円となっているものが割合的に大きくなっています。

ただし300万円以下の求人もそれなりの割合になっているので、求人情報を探す時にはきちんと条件から絞り込みをして、比較して選ぶようにしたいところです。

未経験者からの求人も多くあるので、転職だから必ずしも前職と同業でなければならないということもなく、希望にあった職探しをしていくことができます。

利用に向いている層

「マイナビ」では転職を希望する人のニーズに合わせて、複数のサイトやサービスを展開しています。
「マイナビ転職」では、どちらかというと転職1~2回の若い世代の人を中心にした求人を取扱っているところが特長です。

具体的には20代後半~30代前半くらいまでの若手世代で、新卒として入社した企業で何か違和感を感じていたり、もっと自分の実力を生かして評価してもらうための仕事をしたいという人に対して有効な情報を多く与えてくれるでしょう。

また全体的に即戦力になる人を求める求人が目立っていることから、採用活動からできるだけ短期間で入社できる人ほど有利になるという傾向もあります。
逆に言うと、同じメーカー勤務からの転職でも既に技術職として専門的な業務経験があったり、管理職としての転職を希望している人にとってはあまり希望に沿った求人を見つけることができないかもしれません。

ニーズが合わない場合には、他にもマイナビで展開しているサービスがあるので、そちらと使い分けをするとよいでしょう。